ライトシェアデュエット導入しているクリニックは?

レーザー脱毛による永久脱毛、一度試してみたい。と常々思っていますが、
以前に比べて、クリニックでのレーザー脱毛もリーズナブルになったようですね。
レーザーの種類は、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーとあり、薄い毛質を得意とするヤグレーザーをサブ的に使い、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーをメインに使うクリニックが多いようです。

そんな中、従来のダイオードレーザー「ライトシェア」の後継として新しく開発された『ライトシェアデュエット』。
これまでに比べてレーザー照射範囲が広くなり、施術時間も短くなったというのです。
施術時間が短くなるということは、施術スタッフが施術する時間も減るので、最終的にかかるコストが抑えられます。
つまり、ますます永久脱毛が安く、身近に受けられるようになる!と期待できますね。

「痛みの少なさ」を最重要視するなら間違いなく「ダイオードレーザー」がおすすめです。

更にダイオードレーザーの中では「ライトシェアデュエット」は痛みが少ないのに効果は高め、一方で「ソプラノ」や「メディオスター」は少し効果が出るまでに時間がかかります。

出典:なぜ医療脱毛がおすすめなのか?完了まで回数が少なく安いワケ【医療脱毛アカデミー】

さて、そんな話題のライトシェアデュエット。
施術を受けられるクリニックはどのくらいあるのでしょうか?
検索をかけて一番に出てくるのは、アリシアクリニック。次にリゼクリニック、ジェミークリニック、新宿クレアクリニック、イセアクリニックなどがあります。
大手で導入しているところでも、全国的に展開されるには、まずは首都圏の店舗から導入されることが多く、その後、徐々に地方に広がって行きますよね。ですから、全国展開しているクリニックでも、店舗によっては導入が遅いところもあると思います。

エステサロンなどでの施術に比べて、クリニックの施術は値段が高いイメージがありますよね。
でも、最近はその効果と通う期間を含めて比較すると、値段も下がってきていますし、ライトシェアデュエットの導入が進んで、さらにコストが下がると良いですよね。

これまで使われてきたライトシェアや、他の機器も、脱毛の効果に関しては、大きく差が出るわけではないようですし、痛みも少ないといわれてきていたのは事実です。
ですから、ライトシェアデュエットの導入がないクリニックがよくない。というわけではありませんよ。
でも、できれば、最新の機器での脱毛もためしてみたいな。というところですね。

痛みも少なく、時間も短くて済むなら、少しくらい遠くても足を運びたくなるかもしれません。
まだ導入クリニックは限られていますが、大手に限らず、地方のクリニックでも、今後増えていくことを期待したいですね。

ライトシェアデュエット脱毛の効果は?

レーザー脱毛の一つであるライトシェアデュエット脱毛について書いてみましょう。
これまでの脱毛方法に比べて、費用と時間が半分以下であるとされています。
そのため選択する側にとっても他に比べて費用は安くなるでしょう。(もしこの手法が異常に高いクリニックは怪しい?かも)

効果としては至って普通といったところのようですね。
他の施術に比べ、広範囲に低出力で行うというのがこの方法の一般的なやり方のなので、ずば抜けて大きな効果とはなり得ないようです。
ですが「広範囲」というメリットを活かし、前述通り短時間というのは間違いありません。
効果について、一部産毛に対して賛否あるようでこれは施術するクリニックや受ける側の毛質に差があると言えるでしょう。

痛みが無いと言われるライトシェアデュエット脱毛ですが、やはりこれも普通に痛いそうです。
レーザーを使用する時点で一定の熱を帯びての施術となります。
熱は大きな範囲で感じると「熱い」となりますが、ごくスポット的に浴びると「痛み」に変わります。
冷却と熱を毎回しっかり繰り返して…とはならない方法なので、痛みはちゃんとあるようです。
まあ、痛みがあるという事は「しっかり脱毛している」とも感じられる気がしますが。

安全性の面を考えてみると、このライトシェアデュエット脱毛は非常に安全であると言えます。
大きな効果を求めるという事は、何かに極大なパワーを必要とします。
この方法は他のレーザーに比べて出力を抑えて施術するので、そういった面から見て他に比べると安全と言えますね。

レーザーというと本当に針の先程度のスポットを目がけて照射するイメージがある方も多いでしょう。
ですが脱毛を希望する部位の大きさや毛の量を考えると、こういった広範囲に対して施術していくという方法もあるので良く調べる必要があります。
他の方法と見比べて、やはり効果を期待すると肌のリスクを抱えなくてはならないため、効果とリスクは並行してに増えていく関係にあると言えるでしょう。

この方法を含め専門機関が存在するため効果の程を知りたいのと同時に、肌へのトラブルリスクを相談するのは必須でしょう。

東京都内でライトシェアデュエットがあるクリニック

数ある脱毛方法の中で、永久脱毛として気になるのがレーザー脱毛機での全身脱毛。
全国的にも少しずつクリニックの展開も増えては来ていますが、その導入機械は各々様々。
その色々な機器になかで、全身脱毛に向いていると言われているのは『ダイオードレーザー』です。レーザー脱毛機はアレキサンドライトレーザーやヤグレーザーもありますが、濃い毛にも薄い毛にも反応して、比較的日本人の肌色にマッチするのがダイオードレーザーで、人気があるようです。

さて、そんな中でも、ライトシェアの後継最新機、改良版として最近人気があるのが『ライトシェアデュエット』です。
従来品に比べて、レーザー照射口の拡大、吸引機能の追加などで、ムダ毛の処理時間も短縮でき、痛みも軽減されるといった優れもの!
このライトシェアデュエット、導入しているクリニックはどのくらいあるのでしょうか?

東京都内でライトシェアデュエットでの施術が可能なクリニックはどのくらいあるのでしょうか?

脱毛できるクリニックとしては下記がヒットしました。
アリシアクリニック
イセアクリニック
クレアクリニック
リゼクリニック
ドクター松井クリニック

また、美容皮膚科での検索では下記。
キュリア新橋
あさこクリニック
高山ホワイト皮膚科クリニック
プリモ麻布十番クリニック
秋葉原スキンクリニック
アヴェニュー六本木&表参道クリニック
赤坂メディカルMクリニック

この検索結果では、導入院数は大阪の7院に比べて約2倍。
さすがに、多いですね。
新しく良いものをどんどん取り入れられるのは、首都圏の強みで、利用者が多い分、新機種を導入しやすいのかもしれないですね。

金額的には、ワキ:約5,000円~15,000円、ビキニライン:10,000円~19,900円、
腕:25,000~37,000円、足31,500~52,500円。
以上のように、クリニックや美容皮膚科で金額に差がありますね。
また、部位によっても差があります。
クリニックによって、得意・不得意分野があり処理にかかる時間や、金額が違うのかもしれません。もしくは、施術後のケアなども、場所によって違いますし、腕、足などに含まれる範囲なども広いと高く、狭いと安い。という場合もあるかもしれないですよね。

東京であれば、施術可能なクリニックも多くあるでしょうし、情報も豊富にあると思いますので、自分の目指す脱毛の効果や、クリニックの人気度などで施術をどこで受けるか決めると良いと思います。

最終的に、納得いく脱毛ができると良いですね。

大阪でライトシェアデュエット導入のクリニック

エステサロンでの脱毛はCMなどでも情報を得ることができますが、クリニックでのレーザー脱毛の情報は調べてみないと出てきませんよね。これは、国が医療機関の広告などをきせい制限しているため、なかなか目や耳に入ってこないということらしいです。

そんなクリニックでの脱毛。レーザー照射による脱毛は医療行為とされ、医師のいるクリニックなどでしか施術を受けられません。
エステサロンの光脱毛のようにムダ毛に刺激を与えて、育成を抑えるのではなく、レーザー脱毛は毛根に直接作用し、毛根の細胞を破壊するというしくみで、一度壊れた毛根は再生しないとされて、永久脱毛とも言われています。

そんなレーザー脱毛ですが、年々しかしており、これまでの従来品に対して改良が加えられて、どんどん性能もよくなり、施術をする側もされる側も、負担が減っているといえるでしょう。

そんな最新のレーザー機器、ライトシェアデュエットについて、導入の実態はどのようなものでしょう?

大都市のひとつ、大阪に絞って情報を集めてみます。

大阪は東京に継いで大きい都市と言えると思いますが、さすがに情報も多く集まり、人も多く集まります。
そんな大阪で、ライトシェアデュエットを導入しているクリニックはどこでしょう。

・恵聖美容外科クリニック 心斎橋院 (大阪市中央区南船場)
料金:ワキ・3700円、ビキニライン・3700円、腕・13000円

・グランジョイクリニック 大阪院 (大阪市北区梅田)
料金:ワキ・5300円、引きにライン・8400円、腕・27000円

・たにまちクリニック (大阪市天王寺区生玉町)
料金:ワキ・8400円、ビキニライン・8400円、腕・16800円

・トキコクリニック 心斎橋本院 (大阪し中央区南船場)
料金:ワキ・5300円、ビキニライン・7800円、腕・24000円

・むやスキンクリニック (豊中市新千里東町)
料金:ワキ・11000円、ビキニライン・11000円、腕・27000円

・ツツイ美容外科 (大阪市中央区心斎橋筋)
料金:ワキ・3300円、ビキニライン・3300円、腕・18000円

・婦人科・皮膚科の星光クリニック
料金:ワキ・3300円、ビキニライン・3300円、腕・20000円

以上の7店の情報を得ることができました。

金額は、クリニックによって開きがあります。
大体は各部位一回の料金で、100円以下は繰り上げて記載しているので、正確な金額より多く書いてあります。
また、腕やビキニラインの範囲はクリニックごとで決まりが違うようなので、各クリニックに確認が必要です。

大阪は思ったよりも導入が進んでいますね。
地方においては、未導入の県もあるようですし、今後の展開を期待したいところです。

ライトシェアデュエットと硬毛化の関係

全身脱毛として人気が高いレーザー脱毛。
中でも、ライトシェアの改良版、最上位に位置するライトシェアデュエットは、最近注目の機種です。
導入するクリニックも少しずつ増えてきているようですが、その効果はどうでしょう。

レーザー脱毛に関して、時折脱毛をしているにもかかわらず、毛が多くなったように感じたり、硬くなる硬毛化といった現象があるとの報告があります。
せっかく脱毛したのに、毛が多くなったり、硬くなるなんて、ショックですよね。

では、実際にライトシェアデュエットで硬毛化は起こるのでしょうか?

そもそも、レーザー脱毛による硬毛化が起こる原因としては下記のように考えられます。
レーザー脱毛は、黒い物にレーザーが反応して、毛の根元にある毛根の組織を破壊して、発毛をなくします。
黒い物に反応するので、産毛などの薄い毛には反応しにくく、なかなか処理が出来ない。という事もあります。
産毛にも反応するとされるダイオードレーザーですが、これは低い出力で時間をかけて産毛にも効果を出すのですが、その処理の際に、本来は細胞を分解するはずが、逆に栄養を与えるような状態になってしまい、反応しなかった薄い毛がしばらくして硬い毛になって生えてくる、という考えあります。
表面に見えている毛には脱毛効果を表しますが、実際表に出ていない、休眠状態の毛や産毛はどんな反応をするのかハッキリと解っていないことが多いです。
人によって硬毛化となってしまうことも、ないとはいえないのが現状なんですね。

ライトシェアデュエットにおいても、低出力でじっくりと脱毛を行ないます。
ですから、例外とはいえないそうです。
個人差もあり、毛の状態も見えない部分もありますので、仕方がないともいえます。

クリニックの対応策として、硬毛化してしまったら途中解約できる。というところもあるそうです。
また、硬毛化が起きたら、一年間の保障で際照射をしてくれるところもあります。
硬毛化してしまった毛は、その後処理が出来ないわけではなく、普通の毛と同じようにレーザー照射をやり直せばなくなるということなので、途中でやめるのではなく、きちんと保障してくれるクリニックで施術をしたほうが良いと思います。

硬毛化を起こしやすい部位は、背中やうなじ、お腹周りなど、毛が薄いところに多いようです。硬毛化してしまったら、諦めずに気長に処理を行なうことが大切だと思います。

ライトシェアデュエットとソプラノの違い

ムダ毛の脱毛に使用される機器には色々とありますが、永久脱毛として医療機関で使われるレーザー脱毛は、やはり気になる一つと言えます。
エステサロンなどで比較的リーズナブルに手軽な感じでムダ毛の処理をするのも良いですが、処理後の経過を考えると、永久的に処理をしなくて良くなるのは魅力ですよね。
そんなレーザー脱毛機。
その中でも、一般的に導入されているレーザー機器は3種類に分けられます。
アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーです。
さらに、その特性から注目度が高いのがダイオードレーザー。
なぜかというと、アレキサンドライトレーザーは普通の毛や濃い毛には反応するけど、うぶ毛などに反応しにくく、ヤグレーザーは産毛などを得意とします。
その中間にあるのがダイオードレーザーで、濃い毛にも産毛にも反応するため、幅広い脱毛が一つの機器で出来るんです。
また、痛みもこれまでに比べて軽くなったということで、気になるレーザーだと言えます。

さらに、そのダイオードレーザーの中にも、各社が出している機種があります。
最近人気があり、導入が進んでいるのが、ルミナス社が開発した『ライトシェア』の後継機である『ライトシェアデュエット』です。これは従来機に比べて低出力で痛みも少なく、広い範囲でムダ毛の処理ができ、さら処理の時間も短くて済むということです。

これに対抗してイスラエルの医療機器メーカー、アルマ社が開発したダイオードレーザーで『ソプラノ』という機種があります。
ソプラノも最新の機種で、こちらも従来品に改良を加えています。

どちらが脱毛効果が高いか?というと、ライトシェアデュエットもソプラノも、脱毛効果に大きな差はないようです。

ソプラノの特徴としては、これまでメラニン色素である黒い物にレーザーが反応して照射をしていたのですが、毛包という毛を包み込む部分に直接働きかけるので、皮膚へのダメージが激減しているということ。
ですから、ソプラノは肌が黒い人にも適していると言えます。
照射範囲も広く12×10mmなので、施術時間も短く済みます

ライトシェアデュエットは、これまで9x9mm、12x12mmの照射範囲だったのですが、22mm× 35mmまで拡大しています。
これまでのまとめに寄ると、脱毛が効率的に行なえるのは、ライトシェアデュエットだと思いますが、肌が黒い方にお勧めできるといえますね。
ちなみに、照射口の大きさですが、面積の広い部分なら大きいほうが良いですが、狭い範囲での照射が必要な場合は従来品でも問題ないと思います。
ご自分に合ったレーザー機器を選べると良いですね。

ライトシェアデュエットでVIO脱毛

数ある脱毛方法の中で、永久脱毛として知られるのがレーザー脱毛ですが、その中でも最近よく耳にするのが『ライトシェアデュエット』
これは、レーザー脱毛のダイオードレーザーになりますが、これまでのライトシェアの改良版で、機能アップや痛み軽減がされていて、人気が出てきているようです。

そもそも、レーザー脱毛機には主として3種あります。
アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3つです。
アレキサンドライトレーザーはレーザーの照射が浅く、濃いムダ毛に適しているといわれます。
ヤグレーザーは、レーザーの照射が深く、弱い出力で薄いムダ毛に反応する。
そして、ダイオードレーザーは濃い毛にも薄い毛にも反応するので、全身脱毛をしたい人にはお勧めされています。
そして、そのダイオードレーザーの最新版がライトシェアデュエット。
濃い毛にも薄い毛にも反応するダイオードレーザー、ライトシェアの改良版。
どこが改良されたのか、というと、レーザー照射をおこなう皮膚に当てる部分に、吸引の機構がついています。
皮膚を吸引して伸ばすことにより、毛根がレーザーの照射口に近くなり、レーザーが当たりやすくなります。
さらに、皮膚を引き伸ばすことによって、皮膚の赤みを減らし、レーザーの反応をムダ毛に集中して向けることが出来るので効率的に無駄毛の処理を行えます。
また、吸引が難しい骨の近くなどは、冷却しながら処理をすることも出来ます。

濃い毛にも薄い毛にも反応するといいましたが、そのため全身脱毛に大変適しているといえます。

では、皮膚の薄いVIOについてはどうでしょう?
腕や足に比べて、日ごろ風や日光に当たることが少ない部分なので、VIOラインなどはデリケートに出来ています。
また、神経が集中しており、痛みを感じやすい部分とも言われています。

ライトシェアデュエットは、従来のレーザーに比べて痛みを感じにくいと言われています。
先に書いたように、吸引することにより、レーザーの光により毛根を近づけ、短い時間でレーザー照射の効果が出るので、痛みも少なくすむということです。

VIOのように痛みに敏感な部分には、ライトシェアデュエットは最適な機器と言えるのではないでしょうか?
最近では、VIOの脱毛にライトシェアデュエットを導入しているクリニックも増えているようなので、VIOラインの脱毛を考えている人は、導入しているかどうかを確認してみると良いでしょう。

ライトシェアデュエットの出力について

全身脱毛といえばレーザー脱毛ですよね。
そのレーザー脱毛にも、機械がいろいろあります。
一般的には、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー、そしてダイオードレーザーです。
それぞれ特色がありますが、全身の脱毛に適しており、日本人に向いているのはダイオードレーザーといわれます。
そんなダイオードレーザーの中にもさらに細かい分類みたいなのがあって、ライトシェア、ライトシェアデュエット、エリート、ジェントルレーズと色々な機種が作れらています。

では、その脱毛効果はどのようなものか?
そもそも、レーザー脱毛による脱毛のメカニズムですが、レーザーの照射によってムダ毛の根元にある毛根の細胞を破壊します。これによって、毛が新しく出来ることが無くなり、永久脱毛につながる。というわけです。
レーザーの光は黒い色に反応しますので、ムダ毛の色に反応してレーザーを照射するのですが、その出力が強ければ、効果も大きくなるんです。
しかし、出力が強すぎると、皮膚の色に反応してやけどを負ってしまうというリスクもあります。
ですから、出力を調整して、時間をかけて脱毛していく。というのが一般的です。

ライトシェアデュエットの良いところは、これまでのライトシェアやジェントルレーズなどに変わって、そのシステムが大きく進化しており、ムダ毛を脱毛する過程が違います。
もちろんレーザーを照射するのには変わりありませんが、吸引機能が追加されており、これまで皮膚に照射口をあてて、皮膚の内部に向かって光を当てていましたが、吸引することで皮膚を手元の照射口に引き寄せ、より近い位置で毛根にレーザーを照射することが出来るのです。
つまり、他のレーザーで必要な出力よりも弱い出力で、ムダ毛の処理を行うことが出来るんですね。

そうなると、お肌にもやけどを負う心配が減りますし、効率も良くなるため、施術時間も少なくてすむそうです。
これまでは、毛の薄いところをヤグレーザーなどで処理し、濃い部分はアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーのライトシェアなどで処理をしていたものが、ひとつの機械で効率よく脱毛を行えるようになったと言えます。

ライトシェアレーザーはライトシェアの進化型なので、現在すでにライトシェアなどを導入しているクリニックには無い可能性もあります。
ですから、先にどの機種を設置しているかなど、確認をしてみてくださね。

お肌に出来るだけ負担をかけたくないなら、最新型のライトシェアデュエット、お勧めだと思います。

ライトシェアデュエットで産毛脱毛

数ある脱毛方法の中でも、特に気になる永久脱毛。
永久脱毛を行うためには、クリニックなどの医療機関で処理を行うことになりますが、
その医療機関で利用されているのがレーザー脱毛機です。
レーザー脱毛機にも種類が色々あります。
アレキサンドライトレーザー
ダイオードレーザー
ヤグレーザーの3種が日本では主流となっています。

それぞれに特徴があり、効果のある部位やムダ毛の毛質、痛みの度合いなど様々です。
クリニックごとに導入している機器も違うので、それぞれの得意とするムダ毛の処理を知っておくことは大変重要になります。
さて、では、うぶ毛の処理について適しているのはどのレーザーでしょうか。

一般的には、うぶ毛などの薄い毛はヤグレーザーやダイオードレーザーが向いていると言われます。
ヤグレーザーは出力が一番強く、深い所までレーザーの照射が届きます。
ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの中間に当たりますが、日本人の肌の色に適していて、うぶ毛にも他の毛にも効果があるので、人気が高いようです。
また、照射の深さも、深すぎず、ちょうど毛根あたりに届くので、効果も高いとの評価が多いですね。

ということで、一押しはダイオードレーザーになるかと思いますが。
ダイオードレーザーにも種類があります。
ダイオードレーザーの中で最上位に位置すると言われる『ライトシェアデュエット』。
これは、従来のダイオードレーザーに比べて、痛みが少なく、また、うぶ毛の処理に向いていると言われます。

他のレーザー処理と何が違うかというと、広範囲を吸引して冷却し、しっかりと目標を捕まえた状態でレーザーを当てます。痛みが少なく、従来の1/3程度の時間でレーザー照射が終わるのですが、うぶ毛にもしっかりとレーザー照射をおこない処理をすることが可能になったということです。

これまでのダイオードレーザーも、うぶ毛やそれ以外のムダ毛に効果的と言われますが、それに加えて、さらに産毛にも効果を発揮してくれるようになったということです。

どんどん改良されて、施術にも時間がかからなくなり、痛みも軽減されてくると、全身脱毛、永久脱毛も、どんどん身近になりますね。
情報も多く得られるようになってきているので、レーザーの設備を確認して、より近くで自分の希望する脱毛を行い、キレイになれることが大いに期待されます。
首都圏だけでなく、各地方にも早く導入が進んで、全国の女性がみんなキレイになればよいな。と思いますね。

ライトシェアデュエットによる脱毛は痛みがある?

レーザー脱毛の中で、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類があります。
アレキサンドライトレーザーは、3種の中でレーザー照射の到達が一番浅く、ヤグレーザーは一番深く照射されます。
その中間に位置するのがダイオードレーザーになるのですが、その中でも、もっとも上位に位置するのがライトシェアデュエットという機種になります。
普通のダイオードレーザーと何が違うのか?

まず、ダイオードレーザーの特徴ですが、アレキサンドライトレーザーと比較して、日本人の肌に合う。濃い毛だけでなく、薄い毛にも反応する。などがあります。
ヤグレーザーはもっとも照射が深く、産毛などの薄い毛に反応します。ヤグレーザーは、肌が黒い人でも対応ができる機種として知られており、そのため出力的には弱く、ピンポイントでムダ毛に照射できるようになっています。

ダイオードレーザーは、黄色系の肌色をしている日本人に適していると言われていて、濃いムダ毛にも産毛にも効果があります。痛みは少ないと言われますが、人によっては痛いらしいです。

さらに、改良版のライトシェアデュエット。
こちらは、レーザーの照射をする過程が、これまでのライトシェアデュエットと異なります。
照射を行なう部分が大きく変わり、レーザーを当てる際に吸引してくれます。
何のために吸引をするかというと、肌を引き上げることでムダ毛の根元にある毛根にレーザーが当たりやすくなり、弱い照射でも効果を表すということです。
また、確実にレーザーを当てることができるので、短い時間で処理が終わります。
そのため、痛みも少なくてすむ。と言われます。

レーザーの出力も弱くてすむので、肌へのダメージも少なくてすみますし、肌が荒れてしまう心配も少ないでしょう。
医療機関での施術になるので、施術後の肌のケアはしっかりしてくれると思いますが、最初からお肌に優しい施術ができるなら、もちろんそのほうが良いですよね。

痛みに関しては、個人差もありますので、「痛かった」という意見ももちろんありますが、
実際に施術を受けた方の口コミも、「思ったより痛みがなかった」「実際に受けてみたら、大丈夫だった。」いう意見もありますので、やってみる価値は十分あると思います。
従来のものに比べれば痛みを感じない。というのであれば、今後はもっと痛みがない施術を受けられる様になるのではないでしょうか?それも楽しみですね。