ライトシェアデュエットの出力について

全身脱毛といえばレーザー脱毛ですよね。
そのレーザー脱毛にも、機械がいろいろあります。
一般的には、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー、そしてダイオードレーザーです。
それぞれ特色がありますが、全身の脱毛に適しており、日本人に向いているのはダイオードレーザーといわれます。
そんなダイオードレーザーの中にもさらに細かい分類みたいなのがあって、ライトシェア、ライトシェアデュエット、エリート、ジェントルレーズと色々な機種が作れらています。

では、その脱毛効果はどのようなものか?
そもそも、レーザー脱毛による脱毛のメカニズムですが、レーザーの照射によってムダ毛の根元にある毛根の細胞を破壊します。これによって、毛が新しく出来ることが無くなり、永久脱毛につながる。というわけです。
レーザーの光は黒い色に反応しますので、ムダ毛の色に反応してレーザーを照射するのですが、その出力が強ければ、効果も大きくなるんです。
しかし、出力が強すぎると、皮膚の色に反応してやけどを負ってしまうというリスクもあります。
ですから、出力を調整して、時間をかけて脱毛していく。というのが一般的です。

ライトシェアデュエットの良いところは、これまでのライトシェアやジェントルレーズなどに変わって、そのシステムが大きく進化しており、ムダ毛を脱毛する過程が違います。
もちろんレーザーを照射するのには変わりありませんが、吸引機能が追加されており、これまで皮膚に照射口をあてて、皮膚の内部に向かって光を当てていましたが、吸引することで皮膚を手元の照射口に引き寄せ、より近い位置で毛根にレーザーを照射することが出来るのです。
つまり、他のレーザーで必要な出力よりも弱い出力で、ムダ毛の処理を行うことが出来るんですね。

そうなると、お肌にもやけどを負う心配が減りますし、効率も良くなるため、施術時間も少なくてすむそうです。
これまでは、毛の薄いところをヤグレーザーなどで処理し、濃い部分はアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーのライトシェアなどで処理をしていたものが、ひとつの機械で効率よく脱毛を行えるようになったと言えます。

ライトシェアレーザーはライトシェアの進化型なので、現在すでにライトシェアなどを導入しているクリニックには無い可能性もあります。
ですから、先にどの機種を設置しているかなど、確認をしてみてくださね。

お肌に出来るだけ負担をかけたくないなら、最新型のライトシェアデュエット、お勧めだと思います。