ライトシェアデュエットによる脱毛は痛みがある?

レーザー脱毛の中で、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類があります。
アレキサンドライトレーザーは、3種の中でレーザー照射の到達が一番浅く、ヤグレーザーは一番深く照射されます。
その中間に位置するのがダイオードレーザーになるのですが、その中でも、もっとも上位に位置するのがライトシェアデュエットという機種になります。
普通のダイオードレーザーと何が違うのか?

まず、ダイオードレーザーの特徴ですが、アレキサンドライトレーザーと比較して、日本人の肌に合う。濃い毛だけでなく、薄い毛にも反応する。などがあります。
ヤグレーザーはもっとも照射が深く、産毛などの薄い毛に反応します。ヤグレーザーは、肌が黒い人でも対応ができる機種として知られており、そのため出力的には弱く、ピンポイントでムダ毛に照射できるようになっています。

ダイオードレーザーは、黄色系の肌色をしている日本人に適していると言われていて、濃いムダ毛にも産毛にも効果があります。痛みは少ないと言われますが、人によっては痛いらしいです。

さらに、改良版のライトシェアデュエット。
こちらは、レーザーの照射をする過程が、これまでのライトシェアデュエットと異なります。
照射を行なう部分が大きく変わり、レーザーを当てる際に吸引してくれます。
何のために吸引をするかというと、肌を引き上げることでムダ毛の根元にある毛根にレーザーが当たりやすくなり、弱い照射でも効果を表すということです。
また、確実にレーザーを当てることができるので、短い時間で処理が終わります。
そのため、痛みも少なくてすむ。と言われます。

レーザーの出力も弱くてすむので、肌へのダメージも少なくてすみますし、肌が荒れてしまう心配も少ないでしょう。
医療機関での施術になるので、施術後の肌のケアはしっかりしてくれると思いますが、最初からお肌に優しい施術ができるなら、もちろんそのほうが良いですよね。

痛みに関しては、個人差もありますので、「痛かった」という意見ももちろんありますが、
実際に施術を受けた方の口コミも、「思ったより痛みがなかった」「実際に受けてみたら、大丈夫だった。」いう意見もありますので、やってみる価値は十分あると思います。
従来のものに比べれば痛みを感じない。というのであれば、今後はもっと痛みがない施術を受けられる様になるのではないでしょうか?それも楽しみですね。