ライトシェアデュエットと硬毛化の関係

全身脱毛として人気が高いレーザー脱毛。
中でも、ライトシェアの改良版、最上位に位置するライトシェアデュエットは、最近注目の機種です。
導入するクリニックも少しずつ増えてきているようですが、その効果はどうでしょう。

レーザー脱毛に関して、時折脱毛をしているにもかかわらず、毛が多くなったように感じたり、硬くなる硬毛化といった現象があるとの報告があります。
せっかく脱毛したのに、毛が多くなったり、硬くなるなんて、ショックですよね。

では、実際にライトシェアデュエットで硬毛化は起こるのでしょうか?

そもそも、レーザー脱毛による硬毛化が起こる原因としては下記のように考えられます。
レーザー脱毛は、黒い物にレーザーが反応して、毛の根元にある毛根の組織を破壊して、発毛をなくします。
黒い物に反応するので、産毛などの薄い毛には反応しにくく、なかなか処理が出来ない。という事もあります。
産毛にも反応するとされるダイオードレーザーですが、これは低い出力で時間をかけて産毛にも効果を出すのですが、その処理の際に、本来は細胞を分解するはずが、逆に栄養を与えるような状態になってしまい、反応しなかった薄い毛がしばらくして硬い毛になって生えてくる、という考えあります。
表面に見えている毛には脱毛効果を表しますが、実際表に出ていない、休眠状態の毛や産毛はどんな反応をするのかハッキリと解っていないことが多いです。
人によって硬毛化となってしまうことも、ないとはいえないのが現状なんですね。

ライトシェアデュエットにおいても、低出力でじっくりと脱毛を行ないます。
ですから、例外とはいえないそうです。
個人差もあり、毛の状態も見えない部分もありますので、仕方がないともいえます。

クリニックの対応策として、硬毛化してしまったら途中解約できる。というところもあるそうです。
また、硬毛化が起きたら、一年間の保障で際照射をしてくれるところもあります。
硬毛化してしまった毛は、その後処理が出来ないわけではなく、普通の毛と同じようにレーザー照射をやり直せばなくなるということなので、途中でやめるのではなく、きちんと保障してくれるクリニックで施術をしたほうが良いと思います。

硬毛化を起こしやすい部位は、背中やうなじ、お腹周りなど、毛が薄いところに多いようです。硬毛化してしまったら、諦めずに気長に処理を行なうことが大切だと思います。