ライトシェアデュエットで産毛脱毛

数ある脱毛方法の中でも、特に気になる永久脱毛。
永久脱毛を行うためには、クリニックなどの医療機関で処理を行うことになりますが、
その医療機関で利用されているのがレーザー脱毛機です。
レーザー脱毛機にも種類が色々あります。
アレキサンドライトレーザー
ダイオードレーザー
ヤグレーザーの3種が日本では主流となっています。

それぞれに特徴があり、効果のある部位やムダ毛の毛質、痛みの度合いなど様々です。
クリニックごとに導入している機器も違うので、それぞれの得意とするムダ毛の処理を知っておくことは大変重要になります。
さて、では、うぶ毛の処理について適しているのはどのレーザーでしょうか。

一般的には、うぶ毛などの薄い毛はヤグレーザーやダイオードレーザーが向いていると言われます。
ヤグレーザーは出力が一番強く、深い所までレーザーの照射が届きます。
ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの中間に当たりますが、日本人の肌の色に適していて、うぶ毛にも他の毛にも効果があるので、人気が高いようです。
また、照射の深さも、深すぎず、ちょうど毛根あたりに届くので、効果も高いとの評価が多いですね。

ということで、一押しはダイオードレーザーになるかと思いますが。
ダイオードレーザーにも種類があります。
ダイオードレーザーの中で最上位に位置すると言われる『ライトシェアデュエット』。
これは、従来のダイオードレーザーに比べて、痛みが少なく、また、うぶ毛の処理に向いていると言われます。

他のレーザー処理と何が違うかというと、広範囲を吸引して冷却し、しっかりと目標を捕まえた状態でレーザーを当てます。痛みが少なく、従来の1/3程度の時間でレーザー照射が終わるのですが、うぶ毛にもしっかりとレーザー照射をおこない処理をすることが可能になったということです。

これまでのダイオードレーザーも、うぶ毛やそれ以外のムダ毛に効果的と言われますが、それに加えて、さらに産毛にも効果を発揮してくれるようになったということです。

どんどん改良されて、施術にも時間がかからなくなり、痛みも軽減されてくると、全身脱毛、永久脱毛も、どんどん身近になりますね。
情報も多く得られるようになってきているので、レーザーの設備を確認して、より近くで自分の希望する脱毛を行い、キレイになれることが大いに期待されます。
首都圏だけでなく、各地方にも早く導入が進んで、全国の女性がみんなキレイになればよいな。と思いますね。