ライトシェアデュエットでVIO脱毛

数ある脱毛方法の中で、永久脱毛として知られるのがレーザー脱毛ですが、その中でも最近よく耳にするのが『ライトシェアデュエット』
これは、レーザー脱毛のダイオードレーザーになりますが、これまでのライトシェアの改良版で、機能アップや痛み軽減がされていて、人気が出てきているようです。

そもそも、レーザー脱毛機には主として3種あります。
アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3つです。
アレキサンドライトレーザーはレーザーの照射が浅く、濃いムダ毛に適しているといわれます。
ヤグレーザーは、レーザーの照射が深く、弱い出力で薄いムダ毛に反応する。
そして、ダイオードレーザーは濃い毛にも薄い毛にも反応するので、全身脱毛をしたい人にはお勧めされています。
そして、そのダイオードレーザーの最新版がライトシェアデュエット。
濃い毛にも薄い毛にも反応するダイオードレーザー、ライトシェアの改良版。
どこが改良されたのか、というと、レーザー照射をおこなう皮膚に当てる部分に、吸引の機構がついています。
皮膚を吸引して伸ばすことにより、毛根がレーザーの照射口に近くなり、レーザーが当たりやすくなります。
さらに、皮膚を引き伸ばすことによって、皮膚の赤みを減らし、レーザーの反応をムダ毛に集中して向けることが出来るので効率的に無駄毛の処理を行えます。
また、吸引が難しい骨の近くなどは、冷却しながら処理をすることも出来ます。

濃い毛にも薄い毛にも反応するといいましたが、そのため全身脱毛に大変適しているといえます。

では、皮膚の薄いVIOについてはどうでしょう?
腕や足に比べて、日ごろ風や日光に当たることが少ない部分なので、VIOラインなどはデリケートに出来ています。
また、神経が集中しており、痛みを感じやすい部分とも言われています。

ライトシェアデュエットは、従来のレーザーに比べて痛みを感じにくいと言われています。
先に書いたように、吸引することにより、レーザーの光により毛根を近づけ、短い時間でレーザー照射の効果が出るので、痛みも少なくすむということです。

VIOのように痛みに敏感な部分には、ライトシェアデュエットは最適な機器と言えるのではないでしょうか?
最近では、VIOの脱毛にライトシェアデュエットを導入しているクリニックも増えているようなので、VIOラインの脱毛を考えている人は、導入しているかどうかを確認してみると良いでしょう。